2017年06月25日

ろくめぐ通信(本)に関するお知らせ。

 あおい翔です。

 ・告知!!

 取り急ぎ、夏に出す予定の「ろくめぐ通信(本)」のアナウンスのみ流しにきました。
 ツイッターではちょろっと「本作る」みたいなこと話していましたが……サイトやブログのみチェックなさっている方もいらっしゃると思いますので、ブログでも早めに告知しないといけないなーと思っていました。

 (サイトのほうにも、また後日に告知ページ作ります!)

 ・
 ・
 ・

 ・「ろくめぐ通信」出します!!

(表紙絵のサンプル ・ あとで修正するかもしないかも)

WEB用表紙絵2.png

 本ですね。本!
 六廻りの本が出ます。作ってます。

 予定通りいけば、7月末に。
 遅れが出た場合は、夏のうちに出す予定です。

 印刷に出す関係もあるので、まだ正式な配布予定日は告知できませんが……
 「ろくめぐ本? 気になる」って方は、配信日が決まるまでの間、公式サイトやツイッター、ブログなどチェックしていただけると、無料で入手できるかもしれません。

 というのも、創刊号だけは(ろくめぐ通信の創刊を記念して)6日間のみ無料配信する予定だからです。
 初版のみ特典(グッズ)も付きますので、よかったら無料配布期間のうちに通販していただけるとこれ幸い!! うれしい!!
 (万が一にも(6日間のうちに)在庫切れになった場合は、その時点で無料配布が終了しますorz
 少し余裕持たせて刷る予定なので、たぶん大丈夫だと思うけど! 念のために断っておきます!)

 あと、ろくめぐ通信は、一度だけ出すのではなくて、不定期(春・夏・秋・冬の年4回が目安)で出します。
 プチ雑誌みたいなノリでやっていきます(笑)
 (ツイッターで毎月出したい呟いたけど……毎月だと、ゲーム制作に大きな遅れが出るかもしれないのでやめました。すみませんorz)

 毎号、六廻りのイラストや漫画、WEBで未公開のキャラクターや作品の新情報など載せていく予定です。
 (本のイラストや漫画は、サンプルとして一部だけWEBに掲載しますが……それ以外のページは、本だけで読める&見られるようにする予定です!)

 そのほか(毎号は無理かもしれませんが)特典(グッズ)も付けていく予定です。
 通販するとゲットできる特典以外にも、ろくめぐ通信(本)を集めてくださった方だけがゲットできるグッズ企画もやりたいなーと考えています。

 あれや……

 ゲーム用としては描けない傾向のイラストってあるじゃないですか。
 そのへんの事情は、表紙絵の雰囲気から伝わると思いますが……こういった衣装着たキャラクターの絵って、本編では描く機会ないじゃないですか。
 うむ……そういったシーンがないと描けない。でも、本なら描けるというか、気軽にろくめぐキャラたちにコスプレ(!?)させたりできる!!(ばーん)
 
 ……ので、そういった絵を発信していける場所も欲しかったので、「よし、本作ろう」ってなりました(単純)
 


 ・そもそも、なんで作ろうと思ったの?

 えっとですね……話すと長くなりますが、話そうと思います!

 まず、「六廻り 〜龍神使いと幽霊少女〜」を公開してから一年が経過しました。
 この一年で、六廻りをプレイして好きになってくださった方や、本編を楽しみにしてますと声かけてくださった方々もいらっしゃって、とてもうれしく思っていました。
 
 ですが、川蝉の洞窟で作っているゲームの規模は大きい&六廻り自体が長編なので、さくっと本編も作って公開だぁ! ……というわけにはいかずorz
 新作がリリースされるまで、ずっとお待たせしてしまっていることが心苦しいと感じておりました。

 ただ、急いで作ると前作の二の舞(シナリオの荒削りさやイラストの不足・システムの省略)につながってしまうので、それは……処女作だけにしたいなと^^;

 前作も、本来は時間かけて作るのが望ましい規模の作品でしたが……
 急ピッチで作ったことが、作品の雑さや詰めの甘さにつながりました。

 そんな前作の反省を踏まえて、本編は急がず丁寧に作りたいなと。
 ですが、そうなると……新作が出るまでのあいだ、どうしても時間が空きます。
 そこで、新作ゲームをお待たせしてしまっている間にも、定期的に(六廻りを好きになってくださった方々が)楽しめるものがあったらいいなーと思いつきました。
 
 ろくめぐ通信を創刊することになった事情はそんなところです。
 


 ・最後に

 ろくめぐ通信ですが、創刊号から、みらいが主人公の漫画を連載する予定です。
 不定期連載になりそうなので、毎号載せられなかもしれませんが……
 シナリオは完成していて、あとはネーム描いて漫画にしていく感じになります。

 漫画の内容は、前作(龍神使いと幽霊少女)のバックボーンに置かれている物語のひとつです。
 前作の冒頭(竜也とみらいのシーン)にかかってくる内容ですね。

 タイトルとあらすじのみ公開いたします!

 【タイトル】

 「私はまたそこにいた」

 ---------------------------------------
  
 【あらすじ】

 この世界は、彼女と彼、どちらかひとりが殺される。

 それは、私が思い出せる最初の記憶。廻る世界の物語。

 神楽夜みらいと雨宮竜也。
 彼女と彼の因果と運命は、密接に干渉しあっていた。

 ふたりは共存できない因果関係にあり、どちらか一方は六歳までしか生きられない。
 そんな運命にあることなんて露知らず、みらいと竜也は出会い親密になっていく。
 
 みらいと竜也が絆を深めた世界で、竜也はみらいを助ける。
 その結果、みらいは殺されなかった。
 しかし、竜也は……

 廻り巡る時の流れのなかで、みらいが竜也を助けるためにとった行動とは?

 ---------------------------------------

 これ、あらすじ自体が壮大なネタバレになってる気もしますが……(すみませんorz)
 前作の冒頭(竜也とみらいのシーン)や、前作のキャッチフレーズ(謎の真相は――少年と少女の『あの日』に回帰する)とリンクする物語です。

 なので、前作をプレイした方も楽しめるし、同時に未プレイの方でも問題なく読めます。
 シナリオも、前作やTGF2016MCに掲載済みの短編よりもとっつきやすい&分かりやすいかもしれません。

 というわけで、がんばって描きます!!

 あっ、本のイラストや漫画を描くのは、シナリオ担当(あおい翔)です/(^o^)\
 蒼井ミナミさんの作画と絵柄ではありません、ごめんなさい。・゚・(ノД`)・゚・。

 いつも蒼井さんに無茶な依頼ばかりしてる私も、印刷する関係で締め切りが急に変わりそうな依頼は気が引けたのであったorz
 ろくめぐ通信については、蒼井さんになるべく負担かけない方向で作っていきますが、蒼井さんの一言コメントは毎号載るよ!!

 ・
 ・
 ・

 だらだらとブログ書いてしまいましたが、このへんで☆




posted by 川蝉の洞窟(かわせみのどうくつ) at 20:47 | お知らせ